TOP特集記事一覧 > 特集詳細

「温かな繋がりを大切にし、サッカーを楽しむ」                              脳性まひ者7人制サッカークラブ AS.UNITED

2015.08.25

AS.UNITEDは、埼玉県で活動する脳性まひ者7人制サッカー(以下CPサッカー)クラブだ。
設立から今年で14年目を迎える。
全日本選手権通算8回優勝という偉業を達成しており、昨年の全日本選手権でも準優勝という成績を残している。これまで数多くの日本代表選手をクラブから輩出している。
代表の松村さんはクラブの活動に加え、更に障がい者サッカーの輪を広げていくために、協力者の支援のもと、今年一般社団法人埼玉県脳性麻痺7人制サッカー協会を立ち上げた。
協会としての最初の取り組みとして、今年12月にアンプティサッカークラブなどと合同で障がい者サッカーのイベントを開催する予定だ。

※国内で脳性まひ者7人制サッカーは、Cerebral Palsy(脳性麻痺)の頭文字をとってCPサッカーとも呼ばれている。
○障がいの程度を考慮した練習
脳性まひ者7人制サッカーは、障がいの程度により4つのクラスに分けられる。
(C5~C8数字が小さくなる程重度)
障がいの程度によりスピードなどパフォーマンスにも差が出る。
試合では重度クラスの選手が必ず一名は出場しなければならないというルールがある。
最も軽度な選手はピッチ上に1名のみ出場することができる。

代表松村さん
「クラブには日本代表クラスの選手とそうではない選手が共存していて競技レベルもさまざまなので、できる限り全員を活かせるような練習に取り組んでいます。考慮する中でも障がいの程度で練習を分けることはせずに、例えばポジション別に練習を行うことで、チーム内での役割を伝えられるようにしています。」

スタッフ中村さん
「特性を考慮して個人の能力をつきつめて考えていきます。そのヒントはサッカーだけでなく違う競技や場面で見つかるときもあります。」
○CPサッカーの良さ
代表松村さん
「障がいの程度が本当に人それぞれの選手たちが集まっている中で、どれだけチームとして機能させられるのかに面白さを感じています。グラウンド内外でASは素の自分を出せるところであり、学校や会社とはまた違った自分を見出だせる集まりでもあり、豊かな人間味を感じられる場所です。ぼくたちは一見コミュニケーションがとりやすいように感じるかもしれませんが、サッカーの場面でも人それぞれカラーがあり、個性が際立つことがあります。それを理解した上でコミュニケーションを取らなければいけません。
例えば、ぼくたちには中学生から社会人までいる中で、きっちりと論理的な説明を求める選手から、逆に直観的に短くでないと伝わらない選手もいる。目や表情、息づかい、本人の考えややろうとした事などから判断して、その人に伝わるタイミングを探していきます。
まだまだ未熟ですが、これからもたくさんの個性を受け入れながら、ASは『絆を感じられる、多様性を含んだまとまり』であり続けたい。そう思います。」

○活動の方向性
代表松村さん
「脳性麻痺サッカーをより知っていただくには、健常者や他の障がい者サッカーとコラボしていくのが一つのやり方だと思っています。代表クラスの選手も大切であると同時に、今までサッカーがやりたくても機会や場所に恵まれなかった人もいるので、そういった人たちの受け皿にもなっていきたいです。ぼくたちのテーマの一つに『サッカーをあきらめない。』というのがあります。」
○今後の目標、ビジョン
代表松村さん
「長期的な目標としては各障がい者サッカーとの、特にクラブ同士の繋がりを強くして、皆さんと協力しながら障がい者サッカーを盛り上げていきたいと思っています。短期としては、クラブの練習に外部講師を呼んだりして、もっとサッカーが上達でき、満喫できるような環境作りを行いたいですね。仲間とボールを蹴ることを楽しみながら、サッカーそのものの楽しさや喜びもみんなにもっと知ってもらいたいと思っています。
自分たちのサッカーを磨きつつ、でも自分たちの事ばかりでなく、他のサッカーとも繋がりをもって活動していきたいです。」

○伝えたいこと
代表松村さん
「温かいクラブなので、ぜひ一度足を運んで見学に来てください。家族のような一生の付き合いができる集まりだとこの仲間たちに感謝していますし、活動を通して人生を豊かにすることができるのではないかと思っています。加えてサッカーイベントなどを通しての、障がい者支援団体や一般サッカーとの繋がりも多いと思います。本当にありがたいことです。」

脳性まひ者7人制サッカーは、来年ブラジルで開催されるリオデジャネイロパラリンピックの正式競技でもある。
今年の10月には岐阜県で全日本選手権が開催される。
全国から集まるクラブと選手たちの活躍に期待したい。

AS.UNITEDHP
フェイスブックページ
Twitter

大会:CPサッカー全日本選手権大会
日程:2015年10月17日(土)~18日(日)
会場:岐阜県・長良川球技メドウ
主催:日本脳性麻痺7人制サッカー協会