TOP現地レポート記事一覧 > 現地レポート詳細

【2017 FIPFA World Cup 日本代表最終合宿】

2017.06.12

2017年6月10日(土)、11日(日)の二日間、ニチイ学館神戸ポートアイランドセンターにて電動車椅子サッカー日本代表の最終合宿が行われた。

選手たちは7月のWorld Cup本番に向けセットプレーやフォーメーションの確認、強化試合などで最終調整を行った。

コンディションは上々のようだ。
さて、皆さんは電動車椅子サッカーをご存知だろうか。

電動車椅子サッカーとは、電動車椅子の前にフットガードを取り付けて行うサッカー。
ジョイスティック型のコントローラーを手や顎などで操りプレーする「足で蹴らないサッカー」である。

手足が不自由であり、手動の車椅子で自力移動したり、歩いたり走ったりすることが困難な比較的重度の障がいを持っている選手が多い。
上体や首の保持ができないほど重度な障害を持つ選手もいる。

日本代表8名はそれぞれの思いを胸に世界の国々と戦う。

頑張れニッポン!
2017 FIPFA World Cup概要
・開催日 2017年7月5日~9日
・開催国 アメリカ合衆国 フロリダ州 キミシー
・参加国 10カ国 (日本、アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、イギリス
  カナダ、デンマーク、フランス、アイルランド、ウルグアイ)
2017 FIPFA World Cup

一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会
過去の電動車椅子サッカーの記事はこちら
チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)