TOP競技レポート記事一覧 > 競技レポート詳細

第23回夏季デフリンピック競技大会 サムスン2017 日本選手団壮行会(1)

2017.06.30

2017年6月28日13:00より、参議院議員会館にてデフリンピック日本選手団の壮行会が行われた。
「ジャストミート!」でおなじみの、フリーアナウンサー福澤朗(ふくざわあきら)さんが司会を務め、来賓にはスポーツ庁/長官の鈴木大地さん、東京オリンピック・パラリンピック担当大臣の丸川珠代(まるかわたまよ)さん、ドリームサポーターの平野早矢香さん(卓球・オリンピックメダリスト)ら、豪華な顔ぶれが出席した。激励の言葉には安倍晋三内閣総理大臣(代読)、ビデオレターではドリームサポーターの吉田沙保里さん(レスリング・オリンピックメダリスト)、北澤豪さん(障がい者サッカー連盟会長)からメッセージが送られた。
これほどまでに豪華な顔ぶれではあるが、実は壮行会を正式に行うのは今回が初めてとのこと。デフリンピック選手団の主将を務める早瀨久美さん(自転車競技・前回大会
銅メダリスト)は「2020東京大会に向けて環境が変わってきたなと感じる。デフリンピックは聴覚障害のある人達の国際スポーツ大会ではあるが、障がい者ではなく、“同じスポーツを行うアスリート”として、“国民を代表する日の丸を背負うもの”として応援して欲しい」という。
今大会には、選手108名、11競技(陸上、バドミントン、ビーチバレーボール、サイクリング(ロード)、サッカー、空手、マウンテンバイク、水泳、卓球、テニス、バレーボール)に日本選手団が参加する。前回の2013ソフィア大会(ブルガリア)では、金2個、銀10個、銅9個の計21個のメダルを獲得し、49参加国中16位。今大会は金5個、銀10個、銅10個を目指す。
第23回夏季デフリンピックの開催は7月18日~30日、トルコのサムスンでおこなわれる。ホームページから速報も随時みられるので、活躍を追っていきたい。

一般財団法人全日本ろうあ連盟スポーツ委員会HP
第23回夏季デフリンピック競技大会 サムスン2017