TOP現地レポート記事一覧 > 現地レポート詳細

パラバドミントン国際大会2018

2018.10.01

14カ国から104名の選手が出場し、ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2018が9月26日、スタートした。主催は日本障がい者バドミントン連盟。
バドミントンは2020東京で初めて正式種目となる。10月6日からジャカルタ(インドネシア)でアジパラ競技大会が始まる直前であるため、アジア選手の出場は少ない。それでもタイ、韓国、シンガポール、インドのバドミントンが盛んな5カ国からは選手が出場している。初日の試合の様子を観戦した。
【ミックスダブルス】

今井大湧(SU5/日体大バドミントン部)・山田麻美(SL3/LAVA International)のペアーは1セット目はミスが続き相手に連続得点を与えてしまったが、今井のギアが徐々に上がり連続して得点。2セット目は1セット目に比べてペアーのコンビ力が増したかに見えたが、ドイツペアーに追いつけなかった。
初日の試合を終えた今井は
「足がしっかり動いた。前半から自分のリズムを作っていけた。大学に入って、下半身の強化をしていたが、戻る力、踏ん張る力など、だいぶ動きも安定してきました。右手の筋力を
あげているところです。バドミントンはアジアパラでの成績がパラリンピックに繋がっていますから、今大会はしっかりと勝ちきってアジアパラに望みたい」と話していた。

浦哲雄(SU5/グリーンスタンプ)・伊藤則子(SL3/中日新聞社)のペアーはフランスのペアーと対戦。1セット目は勝ち取ったものの2、3セット目は逃してしまった。お互いに声を掛けあっていた。
【シングルス】

正垣源(SU5/Tポイントジャパン)vs浦哲雄は、正垣が浦を相手にストレート勝ち。
日本同士対決が多く見られた。試合後にミックスゾーンで浦哲雄に話を聞いた。

――試合の感想は?

「前日の練習は会場の空調が強く気になっていましたが、今度(今日)は風ではなく照明がまぶしく、気になってしまった。シャトルと照明が被ってしまい、見にくかった」とまず、大会の会場面で課題を話していた。
また今大会について「前回準優勝だったので今大会はそれ以上を目指したい。が、初戦を落としてしまった。1ゲームとれていたらよかったが、次を頑張らないと」と話していた。


(編集・佐々木延江)