TOP競技紹介アイススレッジホッケー > 歴史・歩み

歴史・歩み

HISTORY

日本におけるアイススレッジホッケーは、1998年長野パラリンピック大会開催決定を契機に、1993年に始まりました。

その後、1994年に日本最初のアイススレッジホッケー競技組織「長野スレッジスポーツ協会」(長野サンダーバーズ)が発達したことで、本格的に競技普及・強化活動がスタートしました。

沿革
2013.10 ソチパラリンピック最終選考(イタリア)…日本5位
2013.3 長野世界選手権Bプール(日本)…日本2位
2012.3 ハマール世界選手権Aプール(ノルウェー)…日本7位
2010.3 バンクーバーパラリンピック(カナダ)…銀メダル
2009.5 オストラバエ海選手権Aプール(チェコ)…日本4位
2008.3 マルボロー世界選手権Aプール(アメリカ)…日本4位
2006.12 日本身体障害者アイススポーツ連盟
スレッジホッケー委員会解散
日本アイススレッジホッケー協会発足
2006.3 トリノパラリンピック(イタリア)…日本5位
2004.4 世界選手権(スウェーデン)…日本6位
八戸バイキングスがジャパンパラリンピックに初参加
2002.3 ソルトレークシティパラリンピック(アメリカ)…日本5位
1999 日本身体障害者アイススポーツ連盟スレッジホッケー委員会発足
1998.3 長野パラリンピック(日本)…日本5位
1996 世界選手権(スウェーデン)初参加…日本6位
1995 ジャパンパラリンピックアイススレッジホッケー競技大会が初開催される
北海道ベアーズ結成・活動開始
東京アイスバーンズ結成・活動開始
1994 日本初のクラブチームとして長野サンダーバーズ結成・活動開始
1993 日本で初めてのアイススレッジホッケー競技講習会が開催される